恋愛

男性と女性で違う「嫉妬する瞬間の特徴5選」|嫉妬しない方法とは

嫉妬という感情は恋愛をする上で欠かせないものです。「異性と話していたから」とか「自分よりも優れているから」と嫉妬する種類もバラバラなように、男性と女性が嫉妬する瞬間は違うのです。

そこで今回は、「男性と女性で違う「嫉妬する瞬間の特徴5選」|嫉妬しない方法とは?」をご紹介いたします!

--

~この記事は以下の人におすすめ~

--

この記事を書いた人

まさを(@0z0z_)

--

■嫉妬ってなに?

まずは「嫉妬」という感情が何なのか簡単に説明いたします。

嫉妬(しっと)とは、三者関係において、自分自身が愛する人が、
別の人に心を寄せることを恐れ、その人を妬み憎しむ感情である。

詳しくはこちら→「嫉妬 Wikipedia

--

--

■男女で違う嫉妬する瞬間

まずは、「男女で違う嫉妬する瞬間」を5つずつに分けてご紹介いたします!

--

男性編

まずは「男性の嫉妬する瞬間」を5つご紹介いたします!

--

--

元彼の話を聞いた時

男性が嫉妬する瞬間として、「元彼の話を聞いた時」が挙げられました。

これは男性によって違うのですが、もしあなたの彼氏が嫉妬深い場合は元彼のことを話すのはやめておいた方がいいでしょう。なぜなら、「どんな人だった?」とか「まだ連絡取り続けているの?」と質問責めされるからです。あなたがポロッと元彼のことを言った時に、不機嫌になった場合は”嫉妬深い彼氏”という認識を持っておいた方がいいです。

--

まさを

男性が嫉妬する瞬間として、「元彼の話を聞いた時」が挙げられました。

これは男性によって違いますが、嫉妬深い彼氏に”元彼の話”をしてしまった場合めんどくさいことになりかねません。なので、元彼の話を彼氏の前でしない方がいいです。

--

異性に頭を触られていた時

男性が嫉妬する瞬間として、「異性に頭を触られていた時」が挙げられました。

たまにいる”距離感バグ男”が彼女の頭をポンポンしている場面に出くわした際に、イライラしてしまう男性は多いそうです。なので、異性からのボディタッチをされないように気を付けていた方がいいかもしれません。

--

まさを

男性が嫉妬する瞬間として、「異性に頭を触られていた時」が挙げられました。

男性は彼女が異性に触られている場面を見るとイラつきます。というよりかは嫉妬し過ぎてイラつくのです。なので、女性は彼氏以外からのボディタッチをされないように気を付けることが大事です。

--

他の異性を下の名前で呼んでいた時

男性が嫉妬する瞬間として、「他の異性を下の名前で呼んでいた時」が挙げられました。

”男女の友情”とか言ってその場を免れようとする人もいますが、男性は嫉妬すると彼女にきつくあたることがあります。「あの男とどんな関係なんだ」とか「親しい仲なのか?」と不安がいっぱいになってしまいます。

--

まさを

男性が嫉妬する瞬間として、「他の異性を下の名前で呼んでいた時」が挙げられました。

男性は、彼女が他の男性を下の名前で呼んでる場面に出くわしただけでも嫉妬する可能性があります。嫉妬して不安になる男性もいるので、不用意に彼氏の前で他の異性と仲の良いところを見せない方がいいかもしれません。

--

2人きりで異性と遊んでいた時

男性が嫉妬する瞬間として、「2人きりで異性と遊んでいた時」が挙げられました。

特に嫉妬深い彼氏と付き合っていて、そのことで嫉妬された際は”束縛をされる”か”別れる結末”を覚悟しておいた方がいいでしょう。異性と2人きりという時点で不安要素が盛り沢山なので、これで嫉妬しない男性はいないでしょう。

--

まさを

男性が嫉妬する瞬間として、「2人きりで異性と遊んでいた時」が挙げられました。

これはどの男性も嫉妬をすると思います。特に気を付けておいてほしいのは、”嫉妬深い彼氏”と付き合ってる場合はこのようなことがないようにしましょう。束縛されるか別れるかの選択をされると思います。

--

SNSで他の異性とメッセージしてた時

男性が嫉妬する瞬間として、「SNSで他の異性とメッセージしてた時」が挙げられました。

彼女のSNSをチェックする男性って案外多いものです。さらに”嫉妬深い彼氏”は彼女のコメント欄までチェックをすることがあるそうです。その際に、彼女が他の異性とメッセージをやり取りしているのを見かけて嫉妬することもあります。

--

まさを

男性が嫉妬する瞬間として、「SNSで他の異性とメッセージしてた時」が挙げられました。

男性は案外彼女のSNSを確認していたりします。特に”嫉妬深い彼氏”は、SNSのコメント欄まで確認して異性とのやり取りを見かけて嫉妬することがよくあるそうです。

--

--

女性編

お次に「女性の嫉妬する瞬間」を5つご紹介いたします!

--

--

綺麗な人のことを目で追っていた時

女性の嫉妬する瞬間として、「綺麗な人のことを目で追っていた時」が挙げられました。

デート中に彼氏が「あ、あの人可愛いやん」とか「自然と目で追っている」と女性は嫉妬します。自分以外の異性のことを「可愛い」と思って欲しくない一心で嫉妬する女性が結構います。彼女を不安にさせないためにも、他の異性を目で追ったり可愛いと言うことはやめておきましょう。

--

まさを

女性の嫉妬する瞬間として、「綺麗な人のことを目で追っていた時」が挙げられました。

女性は”私以外の女を可愛いと思って欲しくない”と思っているので、彼氏が「自然と綺麗な人を目で追っている」と嫉妬することがあります。なので、彼女を不安にさせないためにも他の異性のことを可愛いと言ったりするのはやめておきましょう。

--

元カノの話が出てきた時

女性の嫉妬する瞬間として、「元カノの話が出てきた時」が挙げられました。

女性は”彼氏の元カノ”を敵視していることが多く、元カノの話を話題として出した際に嫉妬することがよくあります。「今の彼女は自分」ということをもっと理解してほしいと思っているので、極力元カノの話は持ち出さないようにしましょう。

--

まさを

女性の嫉妬する瞬間として、「元カノの話が出てきた時」が挙げられました。

女性は”彼氏の元カノ”を敵視することがよくあり、元カノの話に対して過剰に反応してしまいます。実際に彼氏が元カノの話をし出した時に嫉妬する女性は8割を占めていると思います。なので彼女の前で元カノの話はしない方がいいでしょう。

--

目の前で知らない人とLINEをしていた時

女性の嫉妬する瞬間として、「目の前で知らない人とLINEをしてた時」が挙げられました。

彼女の前で知らない異性と通話をしていたり、コソコソLINEをしていると嫉妬します。というよりかは少し疑心暗鬼になって、不安を感じることがあります。「なに話しているのかな」とか「相手の子とはどういう関係なのかな」と考え出すと止まらなくなります。その結果、病んでしまって1人淋しく泣くことになってしまいます。なので、男性は彼女の前で変にコソコソしたりLINEをしない方がいいです。

--

まさを

女性の嫉妬する瞬間として、「目の前で知らない人とLINEをしてた時」が挙げられました。

彼女の前でコソコソと通話をしていたり、LINEをしていると嫉妬します。その際、嫉妬をしすぎて彼氏のことを怪しんだり不安になる女性が多いそうです。なので、彼女を泣かせたり不安にさせたくない場合はコソコソとするようなことはやめましょう。

--

連絡を取り合う回数が減った時

女性の嫉妬する瞬間として、「連絡を取り合う回数が減った時」が挙げられました。

「あれ?前より連絡の頻度減った気がする」と察すると、女性は嫉妬することがたまにあります。「他の女とは連絡を取り合ってるのかな」とか「私のこと好きじゃないのかな」と考えてしまうからです。なので、返信ができない時は「ごめん」の一言を言うように気を付けましょう。

--

まさを

女性の嫉妬する瞬間として、「連絡を取り合う回数が減った時」が挙げられました。

女性は”愛されているのかな”とか”他にいい女でも見つけたのかな”と不安になって嫉妬をすることがあります。なので、彼女を不安にさせないためにも「ごめんね」と一言謝罪を入れることで関係値を壊すことなく良い付き合いができます。

--

異性との約束を優先された時

女性の嫉妬する瞬間として、「異性との約束を優先された時」が挙げられました。

嫉妬深い彼女は、”自分との約束”よりも”友達との約束”を優先されると嫉妬します。たとえ友達が同性だったとしてもです。なので、彼女との約束が入っている日にち近くは友達とかの約束は入れないようにしましょう。そうすることによって、喧嘩をすることも無くなります。

--

まさを

女性の嫉妬する瞬間として、「異性との約束を優先された時」が挙げられました。

特に嫉妬深い彼女と付き合っている場合、これは気を付けておいたほうが良いでしょう。なぜなら、”自分との約束”よりも”友達との約束”を優先されて嫉妬して喧嘩になるパターンがあるからです。なので、彼女との約束が入っている近くの日に別の予定なんかを入れるのはやめておきましょう。

--

--

■嫉妬しない方法

お次に、「嫉妬しない方法」を言動編と性格編に分けてご紹介いたします!

--

言動編

嫉妬しない方法の「言動編」をご紹介いたします!

--

--

自分の時間を充実する

嫉妬しない方法の言動編として、「自分の時間を充実する」が挙げられました。

嫉妬する1番の原因は、”ひとりの時間”にあれこれ考えすぎてしまうからかもしれません。なので、自分の時間を趣味や友達に割り振ってみましょう。その際、「恋人は何をしているか」気にしないことが大事です。あくまで”自分の時間”なので、忘れて楽しみましょう。

--

まさを

嫉妬しない方法の言動編として、「自分の時間を充実する」が挙げられました。

嫉妬する1番の原因は”ひとりの時間”が暇だからです。なので、趣味に使ったり友達と遊ぶようにしましょう。ひとりの時間に考えすぎて嫉妬する人もいるので、ひとりの時間の時は相手のことを忘れて楽しみましょう。

--

誰かに相談をする

嫉妬しない方法の言動編として、「誰かに相談をする」が挙げられました。

嫉妬することは悪くありません。しかし、嫉妬した時の感情を自分の中だけで我慢するのだけはやめておきましょう。いずれ爆発して、恋人との関係に亀裂が入るかもしれないからです。なので定期的に”親しい友達”なんかに相談をして、自分だけで抱え込まないようにしましょう。

--

まさを

嫉妬しない方法の言動編として、「誰かに相談をする」が挙げられました。

嫉妬はして当たり前です。しかし、嫉妬した時の感情をずっと自分の中で我慢させておくのはやめておきましょう。親しい友達などに相談をして、我慢をし過ぎないようにしましょう。それが長続きする恋愛になるので。

--

今の気持ちを素直に言う

嫉妬しない方法の言動編として、「今の気持ちを素直に言う」が挙げられました。

色々と嫉妬する瞬間があると思いますが、これから先嫉妬しないようにするために”相手に変わってもらうこと”が大事だったりします。なので、「ごめん、嫉妬しちゃった」と素直に伝えるだけでも次からそのようなことをしなくなると思います。

--

まさを

嫉妬しない方法の言動編として、「今の気持ちを素直に言う」が挙げられました。

結局、自分だけが嫉妬していても相手がそのことに気付いてないと何回も繰り返す運命になるだけです。なので、自分から「嫉妬した」と素直に伝えることが大事です。伝えたことで相手が変わってくれると信じましょう。

--

--

性格編

嫉妬しない方法の「性格編」をご紹介いたします!

--

--

他人と比べない

嫉妬しない方法の性格編として、「他人と比べない」が挙げられました。

他人と自分を比べて劣っているところがあると、相手に対して嫉妬することがあると思います。しかし、人それぞれなので相手の劣っているところが優れていたりもするわけです。なので、他人と自分を比べて嫉妬するようなことはしなくていいでしょう。

--

まさを

嫉妬しない方法の性格編として、「他人と比べない」が挙げられました。

もしも、他人と比べてしまう性格の人は「この世には完璧な人間はいない」ということを覚えておきましょう。あなたが嫉妬している相手にも劣っているところがあります。なので、他人と自分を比べて嫉妬しなくてもいいと思います。

--

ポジティブ思考になる

嫉妬しない方法の性格編として、「ポジティブ思考になる」が挙げられました。

「あの人は元が可愛いから良いよなぁ」とか「〇〇ちゃんの彼氏ってかっこいいよな」と嫉妬するくらいなら、「自分も可愛くなる!」とか「私も彼氏を作る」みたいなポジティブ思考で居ることが大事です。他人に嫉妬する暇があるなら、自分を磨く精神で頑張りましょう。

--

まさを

嫉妬しない方法の性格編として、「ポジティブ思考になる」が挙げられました。

ネガティブ思考で居ても、「あの人はいいな」とか「あれはいいな」といろんなものに嫉妬して終わります。なので、嫉妬したくないのならポジティブ思考になりましょう。他人から嫉妬される存在になれば良いのです。

--

相手のことも理解する

嫉妬しない方法の性格編として、「相手のことも理解する」が挙げられました。

確かに相手の言動に嫉妬することがあると思います。しかし、不用意に束縛をしたり問い詰めるのはやめましょう。相手も人間なので、”この人にはこの人なりの考えがある”と理解することで嫉妬の回数も減っていくと思います。

--

まさを

嫉妬しない方法の性格編として、「相手のことも理解する」が挙げられました。

実際に、嫉妬する瞬間として「自分が納得いかなかった時」が多いと思います。なので、”この人もこの人の考えがある”と理解をしておくことで嫉妬する回数もだんだん減っていくと思います。

--

--

■さいごに

まさを

今回は、「嫉妬する瞬間」をお題に取り上げて記事を作成してみました。

Twitterでは恋愛について呟いているので、気軽にご覧ください!

--

まさをのTwitter

--

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
0z0z_

まさを

日本一の恋愛インフルエンサーになる|恋愛に関する考えや悩みは【まさをブログ】で解決できます!|Twitter182k|インスタ9k|TikTok138k|

-恋愛
-, ,