恋愛

失恋が辛い理由|辛い時期にしてはいけないこと|失恋から立ち直る方法

失恋した時、あなたはまず何をしますか?泣きますか?信頼している人に相談をしますか?それともGoogleで「失恋 立ち直り方」と調べるでしょうか?僕は1番最後に当てはまるよう、記事であなたを救いたいと思います。

そこで今回は、「失恋が辛い理由|辛い時にしてはいけないこと|失恋から立ち直る方法」をご紹介いたします!

--

~この記事は以下の人におすすめ~

--

この記事を書いた人

まさを(@0z0z_)

--

■失恋が辛い理由

まずは、「失恋が辛い理由」をいくつかご紹介いたします!

--

--

自分の存在意義を失くすから

失恋が辛い理由として、「自分の存在意義を失くすから」が挙げられました。

長い期間をかけて好きでいた相手に振られたということを、”相手から要らないと思われている”と解釈してしまって辛いと感じている人もたまにいます。好きな人に振られたことで落ち込むのはしょうがないことですが、この世に要らない人間なんていないです。”自分なんていなくても良いのかな”と病んでしまうかもしれませんが、一時的な気の迷いなので時間をかけて落ち着いていきましょう。

--

後悔からの自己嫌悪

失恋が辛い理由として、「後悔からの自己嫌悪」が挙げられました。

好きな人から振られた、又は恋人と別れた時に”あの時、こうしておけば良かったのかな”と後悔をしてしまい、自己嫌悪に陥る人も少なくありません。前のことを振り返っても戻れないので、時間をかけてでも次の恋に向かって行きましょう。

--

大切なものを無くした気分になるから

失恋が辛い理由として、「大切なものを無くした気分になるから」が挙げられました。

恋愛において、「好きな人=大切な人」ですよね。その人を失ってしまうということは、心に穴が空いてしまうのと同じです。なので、失恋をしたばかりの期間はものすごく落ち込むでしょう。しかし時間が解決してくれるものなので、ゆっくり落ち着ければ良いと思います。

--

--

■辛い時にしてはいけないこと

お次に、「辛い時にしてはいけないこと」をご紹介いたします!

--

--

無理してでも忘れようとする

辛い時にしてはいけないこととして、「無理してでも忘れようとする」が挙げられました。

失恋を無理に忘れようとすると、余計に思い出がフラッシュバックして忘れられなくなります。そのせいで今後の恋愛に支障を及ぼす可能性があります。なので、無理して忘れようとするのではなく時間をかけて忘れられるようになりましょう。

--

SNSでフラれた相手を監視する

辛い時にしてはいけないこととして、「SNSでフラれた相手を監視する」が挙げられました。

長年思い続けていた人からフラれてしまったり、付き合っていたけど別れてしまった相手だとしても、SNS上ではすぐに見つけられるものです。そのため未練が残っている人は監視をしてしまうことが多々あります。がしかし、監視しても辛くなるだけなのでSNSは極力触らない方が良いでしょう。

--

思い出の品を捨てる

辛い時にしてはいけないこととして、「思い出の品を捨てる」が挙げられました。

これは1番目と少し被るのですが、無理して思い出の品を捨てて忘れようとしても後悔するだけです。相手に未練が無くなったと感じた時に思い出の品は捨てれば良いので、無理して早めに捨てないといけないという訳ではありません。

--

--

■失恋からの立ち直り方

お次に、「失恋から立ち直る方法」をご紹介いたします!

--

--

感情に任せて泣いてみる

失恋から立ち直る方法として、「感情に任せて泣いてみる」が挙げられました。

失恋したての頃は、まだ好きという感情が残っていることが多いです。なので、まずは感情に任せて泣いてみましょう。涙にして自分の感情を表すのはすごく大事なことです。自分の中にある負の感情を涙として出してしまいましょう。

--

今の気持ちを何かに書く

失恋から立ち直る方法として、「今の気持ちを何かに書く」が挙げられました。

自分の中で感情を抑えるのは良くないことです。なので、メモ帳や鍵垢などで今の感情を書いてみると良いかもしれません。目で自分の気持ちを見れるので、後からも見返せることができ、今後の恋愛に役立つかもしれません。

--

ポジティブな曲を聴く

失恋から立ち直る方法として、「ポジティブな曲を聴く」が挙げられました。

失恋したばかりの時に聴いた方が良い曲は、前を向けるポジティブな曲です。たまに失恋ソングを聴く人もいますが、それは自分の傷を抉るのと同じです。なので、早く失恋から立ち直りたい場合は前を向ける曲を聴きましょう。

--

--

--

■さいごに

まさを

今回は、「失恋」について記事を作成いたしました。この記事に関する感想や意見は、コメント又はTwitterのDMに送ってもらえると嬉しいです!

--

まさをのTwitter

--

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
0z0z_

まさを

日本一の恋愛インフルエンサーになる|恋愛に関する考えや悩みは【まさをブログ】で解決できます!|Twitter194k|インスタ9k|TikTok154k|

-恋愛
-, ,